指毛を脱毛!

私はあと少し頑張れば彼氏にできそうな意中の男性がいるときに、あるものが弊害となってしまった経験があります。

同性のライバルではありません。

その弊害となったのは自身の指に生えた指毛だったのです。

彼と共にピンキーリングを見ている事例に彼に指輪をはめてもらいました。

その時に彼が変な顔をしたのですが、私はその事例に気づいてしまったのです。

自身の指に指毛が生えているのを目にしてギクッとしました。

しかもそこに彼の視線がロックオンしている事にも気づけました。

変な顔をしたのは私の指毛に気づいたからだったのです。

その時から彼は私にすごくよそよそしくなったのです。

私は一生懸命友人に間に取り持ってもらって、彼と良い感じになっていました。

あと一息だと思っていたのです。

それなのにまさかの必要ない毛に厄介されるという思っても見ない事が起きて、私は結局彼にをモノする事はできなかったのです。

指に生えた指毛が憎いと思った瞬間でした。

この間違いが合ったから、私は脱毛をする気になったのです。

私の指に生えた必要ない毛は結構濃かったです。

何時もならそこを処理しているのですが、生憎丁度あの日は余すところなく忘れていました。

その日にピンキーリングを買おうとショップを見たのが間違いでした。

同じような間違いをもう二度としないために脱毛をしました。

脱毛に行ってからはもう必要ない毛を気にする必須がなくなりましたね。

指毛が憎くてそこを含めて腕や足の必要ない毛を丸ごと脱毛しました。

もうこれで同じような間違いはないでしょう。

脱毛に勤しむ女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です